オンデマンド印刷とは
2017.05.30

シールまず、オンデマンドという意味はどのような意味を持っているのでしょうか。
主な意味として「要求に応じて」「要求があり次第」という意味合いがあります。
そのため、オンデマンド印刷とは要求があった時に印刷するサービスになります。
オンデマンド印刷は、お客様のニーズを取り入れて、1回1回ニーズに合った印刷をしていくという事になります。
そのため、印刷業界では古くからはる版と言われる型を作らず、パソコンでデザインされたものをダイレクトに印刷を掛けるという事になります。

そうすることにより、版を作る時間が減り、すぐに印刷へと取り掛かれるためデータの修正も容易ですし、一番はとてもスピーディになりました。

オンデマンド印刷のイメージは、家庭用のプリンターでデザインをプリントアウトするイメージと一緒です。そのプリンターが高性能になって印刷をするイメージになります。60ページ程度までの印刷でしたら低コストなります。
また希望の枚数オーダーを受け付けてくれるところも多いようです。
そしてトナーを用いる印刷法であれば、印刷後の乾燥時間も必要ないため印刷後すぐに納品が可能となります。
また、インクジェット式のオンデマンド印刷は、A2やA1以上の大きな紙に印刷するポスターなどに向いています。

オンデマンド印刷は、コストが抑えられ尚且つスピーディーとメリットばかりですが、このオンデマンド印刷の特性を知ったからには、もう一つのオフセット印刷の知識も知っておく必要があります。
オフセット印刷は、オンデマンド印刷と対称で版があります。
データの入稿が完了し、それから版下を作成します。それから製版し刷版するという工程が、オンデマンド印刷には無い工程です。それから印刷に取り掛かるようになります。このような工程もある為、中途半端なロットではなく大量発注する場合は、断然オンデマンド印刷の方がコストが下がります。また、一度版を作ってしまえば、その版が壊れるという事がない限り、何度も使えるため追加で1,000部印刷などのオーダーが容易となります。

これらのように、印刷方式には「オンデマンド印刷」と「オフセット印刷」があります。
たとえば、一個人がシール印刷、ラベル印刷のお願いをしたり、仮に年賀状印刷を依頼したりする場合は、オフセット印刷ではなく断然オンデマンド印刷の方がコストも抑えられ、納期も短くすることが出来ます。
オンデマンド印刷の発展により、かなりお求めやすく少量の印刷ができるようになってきています。1年にそんなに印刷しないからプリンターを買うほどでもないという方は、オンデマンド印刷を利用してみてもよいでしょう。

▲ ページトップへ